ATOM Financial Schoolブログ

海藤講師にインタビューしてみました

こんにちは!ATOM Financial Schoolです。

本日は、ATOM Financial Schoolの講師、海藤雄基さんをお招きしてインタビューをしていきたいと思います。

海藤さんは、大学生の頃から資産運用をしており主に先物取引で利益を出していました。

運用の知識はもちろんのこと、前職が会社の役員ということもあり多岐に渡った知識が売りの方です。

会員様には、実践的な運用のテクニックやメンタル手法を教えており、多くの利益を出している投資家の方からも絶大な信頼を誇っている講師です。

海藤 雄基(かいどう ゆうき)プロフィール

1992年1月生まれの25歳、新潟県出身。高校卒業後は上京し帝京大学に入学し、2年次には明治大学へ編入。20歳になる前から独学で投資の勉強をスタート。自信の投資のスキルアップの為、21歳から金融系ベンチャー企業で投資の知識を深め、22歳には専業トレーダーとして年収2000万円を超える。25歳で転職し、現在はATOM Financial Schoolの講師として持ち前の実践的な知識で会員の資産運用をサポート。

投資に触れずに生きるというのは「損」

  • 早速、現在の職業はなんでしょうか?

はい、現在はATOM Financial Schoolで講師としてサービスの向上に従事しています。
主に資料である動画の作成と編集、ATOMで教えているノウハウを過去の相場で検証した動画なども配信しています。
また、対面コンサルティングという形でお客様の運用をサポートさせていただいております。
もともと投資の経験者ということもあり、かなり実践的な運用のテクニックを教えています。
【難しいと思われている投資を誰よりもわかりやすく】をモットーに指導をさせていただいております。

  • 海藤さんは、以前の会社では役員という立場だったと聞きますが、何故ATOMに入社したのでしょうか?

以前、僕が勤めていた会社は投資における人工知能(AI)の企画、開発をする会社でした。
現代はAIの活躍が投資の界隈でも期待されていますよね。

  • かなり最先端の運用の現場で働いていたのですね。

はい、ですがAIが投資をサポートするには限界があります。

いわゆる相場観というものはプログラミングできませんからね。

プログラミングコードによってお客様をサポートさせて頂くよりも、リアルに対面で僕の経験と知識を言葉で還元したくて、そこに大きなやりがいを感じたからです。

後はその先に目指す、投資の『学校経営』。遠藤代表のこの野望に惚れこみました 笑

  • 学生時代など、もともと投資に興味があったのですか?

はい、ありました。

20歳から投資を始めたのですが、もともと父親が株式投資をやっていたので必然的に興味は出る環境でありました。

父が株式で儲かっていたかどうかはわかりませんが日々の生活の中で株式の話は飛び交っていたので

【20歳になったら投資をやろう!】というのは決めていました。

投資は難しくありません、楽しくできるんです

  • 実際にATOMに入社して変化はありましたか?

それはすぐに感じました。

会員様とこれだけ近い距離で投資をサポートさせていただく機会は今までなかったので、日々みなさんと向かい合ってスタートを応援させていただくと、自分自身の成長につながっていることが実感できます。

実際に自分の指導で「入会してよかったです!」「初めて給料以外で副収入が生まれました!」「海藤さんみたいな投資家になりたいです。」

などおっしゃってくださると、こちらもパワーが溢れてきて投資に対しての知識をもっと与えたいというモチベーションに繋がりますね!!

  • なぜATOMの仕事を携わることになったのでしょうか?

きっかけは遠藤代表からです。

元々、遠藤とは高校の友達で青春時代は一緒にサッカーをしていました。

僕は、この身なりでゴールキーパーでしたので「ゴール」と「女の子」を守っていました。笑

・・・すいません。笑

  • 女の子の部分は、カットしておきますね。笑 ズバリ海藤さんが思うATOM Financial Schoolの魅力とはなんですか?

やはりノウハウの強さですね。これに尽きます!

僕自身が検証をして、肌で感じています。

ただ相場は水物なのでいくら成績のいいノウハウをもってしても「絶対に勝てる」はないんですよね。

しかし、「1円でも資産を減らさずに効率よく増やせる」ように、数年分の検証などをして最適化したルールを作り、よりリスクが低く、リターンの大きいものを作っています。

  • しっかりルールを守れば利益を出すことはできますか?

論より証拠と言っては何ですが、僕が投資だけで5年間生きていけた結果を提供しています。

ただ、「絶対は無い」ので1日だけで言ったらもちろん利益が出せない日はあります。

そこは1週間、1ヶ月、1年と継続してご自身で体感して欲しいと思います。

それぐらい言える自信はありますよ。

まず知識を付けるにしても

【何から学べばいいかが分からない】という声も多くありますし、

【とりあえずやってみたはいいが、失敗してしまった】【なぜ失敗したのかがわからない】

など、やってみてから質問が多く寄せられます。僕自身も始めた当初に同じ思いをしていました。

なので投資を初めてやる方は、僕が提供しているノウハウだけを使っていただければと思います。

  • 投資は難しいイメージはありますもんね。

日本の教育上、投資を学んでこなかったら当たり前のことで、『難しそうで怖い』「危ない」など、これが投資が距離を置かれる理由かなと思います。

そのような「投資」に対する偏見などを解決するためにも、資産運用をしっかり教育する学校は必要だと思います。

「投資」というものを0から教えてもらえる場所は日本にはほとんどありません、投資での『確かな一歩の提供』ができるのはきっとATOMだけですね。

  • 現在、主にどのような投資をしているんですか?

主にFXをメインに、日経先物取引もやっております。FXは以前僕がやっていた日経とほとんど同じになります。

「空売り」「為替・日経平均と連動」は一緒ですね。

基本的にテクニカル分析を用いて、運用をしているので同時にエントリーすることもあります!

将来的には実業投資も興味があります。個人的にゲームが好きなので自分が「面白い!」「やりたい!」思ったベンチャー企業に投資できたらいいと思っています。

収入源を増やすことで得られた満足

  • お休みの日は何をしているのですか?

休みの日はひたすら携帯ゲームをしていますね。笑
そこに課金することが投資の利益を上げるうえのモチベーションの一つです。笑

  • ゲームですか、意外ですね。なんのゲームしているんですか?

「意外」ですか、よく言われます。笑
みんな知らないと思いますが、「コンパス」というアプリを知っていますか?

  • 聞いたことあります、スプラトゥーンみたいなアプリですよね?

そうです!オンラインで複数人で戦うゲームで仲間と連携しながら陣地をひたすら取って行く戦略ゲームです。

これはちょっとした自慢なんですが少し前までは全国1位でした、まあアプリのダウンロード数は300万ぐらいなんですけど。笑

最近はあまりやっていないので下がってきちゃいましたが、いわゆる「最上位ランカー」っやつで、全盛期は1日18時間くらいはやっていましたね。笑

もちろん、投資と併用してやっていましたので、課金には困らなかったです笑

  • すごいですね。では海藤さんの「人生の目標」などあれば教えてください

まず半年で今のATOMの会員様がみんな、月利10%を挙げられていることですね。

そのために自分が全身全霊をかけてサポートします!

そして1年後にはATOMの『学校経営』の基盤を作ることです。

数値的な目標で言ったら「会員人数500名」ですね!自分に課せられた指導を120%でやれば、全然見えない数字ではないですね。

数字は後からついてくるものですから。

  • すごい目標ですね! 海藤さんの夢はなんでしょうか?

夢は、好きな場所で好きな人と好きな時間に好きな事をやれる、制約のない生き方です。

ストレスのかかることは基本的にはしたくないので、投資は【人生の近道になる】と考えています!

  • 日本では、投資に対して多くの「偏見」があると思いますが、そこについてはどう思いますか?

もちろん投資に怖さを感じることは普通なことです。日本では、投資教育はやりません。

人間は、「やったことのないもの」「得体のしれないもの」などに恐怖を覚える習性があります。例えば「幽霊」とかね。

この日本人の偏見をこのATOM Financial Schoolで取り除けたらいいと考えています。

私達も絶対に勝てるとは歌いませんし、私自身も大損した時もありますから。

大切なのは、目標地点をどこに置くのかということだと思います。

毎月100万を目標にあげたら、それ相応のリスクがありますし、毎月5万を目標にあげたら、リスクはかなり軽減されます。

そういった計画性を元に、ATOMで実践的な知識を磨いていただければ必ず満足いただけるでしょう。

最後に

このインタビューも一つ僕の内面やATOM Financial Schoolの良さを掲載してくださるいい機会だとおもっています。
この記事を読んで、僕と会いたい方やATOM Financial Schoolの説明を聞きたいという方がおりましたらご連絡お待ちしております。

本日は、ありがとうございました!!

関連記事一覧

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。