MT4インストールから初期設定

どうも!ATOM Financial School代表の遠藤です。

今回はスマホのアプリ『Meta Treader4(通称MT4)』のインストールから初期の設定まで説明していきます。

XMの口座開設が終わってる前提で進めていきますので、口座開設がまだ終わってない方は先にこちらから口座開設を終わらせてからMT4をインストールしましょう。

MT4はテクニカル分析をするに至ってとても使い勝手の良いツールです。
初期設定は会員の皆さんで揃えて情報を共有する際に見やすいようにしますが、使い方に慣れてきたら自分なりのカスタマイズをして様々な分析をして、楽しく賢く運用していきましょう!

それではインストールから順にやっていきます、まあとっても簡単なので安心してください。笑

MT4インストールからログイン(STEP1)

まずはアプリのインストールをします。

XMですでにアカウントを作っているので既存のアカウントでログインをします。

メールに送られてきたサーバーを選択します。
(いっぱいサーバー出てくるので「XMTread」なんて検索したら簡単に絞り込めます。)

メールで送られてきたIDを入力し、自分の設定したパスワードでログインしましょう。

運用する通貨ペアの設定(STEP2)

ログインができたら運用する通貨ペアの設定をします。
最初にインストールしたら右の画像のようにたくさんの通貨ペアが出てきます。(GBPDKKとかUSDDKKとか)

僕たちが授業として使っているペアは5つとなっています。
USDJPY、EURJPY、EURUSD、AUDUSD、GBPUSDの5つです。
左から順にドル円、ユーロ円、ユーロドル、オーストラリアドル、ポンドドルです。
なんでこの5つなのー?って気になったら講師に直接聞いてみてください。

通貨ペアの設定の仕方は画面左上の「鉛筆」と右上の「+」でできます。
「+」を押すと下のような画面に移り、ここの検索で「USDJPY」など検索すれば全部出てきますよ。
大体「Forex3」の中に入ってます。

チャートを見やすくする(STEP3)

通貨ペアの設定が終わったら今度はチャート(グラフ)を見やすくします。
初期設定だと黒と緑だけなので色合いをつけていきましょう。
これも会員の皆さんと共有するため皆さんが見やすいように統一して設定します。
画面右下の「設定」からチャートを選択してカラーを設定します。
変更をするのはピンクの枠で囲まれている部分です。
念のため、それ以外の部分も少し確認してみてください。
(ローソク足にチェックが入っているか、他のカラーも合っているかなど)
画像を見ながら進めてみてください。

移動平均線の設定(STEP4)

移動平均線とか何言ってるのか分からないって方も設定だけしておいてください。笑
使い方などは講師から説明しますので安心してください。
運用していけばご自身で他の分析方法も今後使っていくようになると思いますが、
最初は会員の皆さん統一してこの設定してもらっています。チャート画面を開き真ん中上のマークをタップします。
メインウィンドを押すとインディゲータ追加という画面にいきますので、
Moving Averageをタップします。
「期間」「スタイル」の部分を設定して色を合わせてください。
短期線、中期線、長期線の3本を引きますので、下の画像の通り3回それを繰り返してください。

最後に

初期設定は以上で終了となります。
最初はチャートを見てもちんぷんかんぷんかもしれませんが、やっていけばすぐに慣れます。
1ヶ月もやってだんだんと分かっていくにつれて、「こんなに簡単だったんだ」って思えるようになりますよ。
さらに講師との直接対面でとってもわかりやすく解説もしていきますので、わからないこと等はどんどん質問してくださいね。

投資に触れると思わぬ形で一気に資産が増えたりします。そんな時に大体の人は「もっと欲しい」と欲張って失敗します。
そんな失敗をなくす為に僕たち講師が指導をしていきますので、最初は僕たちが教えた通りに運用していただければと思います。

「コツコツと資産を増やす」ことが資産運用です、資産がなくなってしまっては本末転倒ですよね。
僕たちも精一杯の知識を皆さんに注いでいきますので、これから一緒に「コツコツ」と運用していきましょう。

それではこれからよろしくお願いします。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。